浮気の証拠を中途半端に突きつけると全てが水の泡に

夫の浮気を理由に離婚を請求する場合は、相手の不貞行為を立証しなければなりません。
裁判所では詐称を防ぐ為に、不貞証拠を厳しく制限しております。
又、中途半端な証拠を相手に突き付けても逃げられて棄却されることがあります。
棄却されてしまうと、離婚請求が無効になります。
勿論離婚請求は出来るのですが、浮気理由の離婚請求と、結婚が継続できないとして離婚請求では慰謝料の額が違ってきます。
又結婚関係がすでに破たんした後の場合、浮気相手との肉体関係を証明する証拠をつかんだ場合でも、夫婦関係が破たんした後の事ですので、不貞行為を理由にすることが出来ません。
裁判の有力な証拠になりうるものとしては、ビデオ・写真・電子メール・録音テープ・探偵事務所からの報告書等があります。
正直いずれも単独では決め手に欠けます。
その中でも写真は有力な物ですが、デジタルカメラは加工が可能ですし、例えラブホテル入るところを激写したところで肉体関係を証明する決め手にかけますが、証拠になりうるものは全て集めて置くことが必要になります。