暗視カメラなら深夜の尾行でも安定のクオリティー!

探偵業や興信所の仕事内容の8割は、浮気調査です。
浮気は、仕事が終わった後など、夜間に密会するケースが非常に多く見られます。
そのため、浮気調査の対象者の尾行は、夜間に集中して行われます。
今や、携帯電話のカメラ機能のレベルも高くなってきましたが、夜間、街灯の少ない路上ではまったくといっていいほど、それらの機能は働きません。
どれだけうまく尾行をしていても、証拠となる写真やビデオ撮影ができなければ、それは証拠となりません。
尾行は素人でも訓練すればできますが、暗闇や夜間でもばっちりと証拠を撮影するには、やはりプロ使用の暗視カメラが必要となってきます。
暗視カメラの値段は高く、浮気調査のためだけに個人で購入できるものではないので、プロの探偵に依頼したほうが割安と言えるでしょう。
知人の探偵は、深夜、浮気調査で対象者の尾行の最中、路上でひったくり犯にでくわし、咄嗟にカメラを犯人に向け、後で確認したところ、犯人の顔はばっちりと映っていたそうです。
後日、警察にそのビデオを提出したところ、警察の方も、暗視カメラの性能に驚いていたそうです。
パトカーにもついているカメラにも、暗視カメラと同じ性能がついているそうで、昼夜を問わず、不審者のあぶりだしに役立っているとも聞きました。
もし必要とあらば、プロの暗視カメラで証拠を確保することが望ましいでしょう。